記事詳細ページ

床下収納

  • 床下収納
  • 床下収納

こんにちは、小林ですsmiley

天気予報に雪マークが出てきて、いよいよ降るか〜とソワソワしています

 

今日は、秋に引き渡しさせて頂いたお客様のお家をご紹介します。

 

コチラは、平屋のゆったり贅沢なお家です

 

ポイントは、勾配天井の開放感あるリビングと床下空間を利用した大容量の土間収納です。

 

那須建設の基礎は、雪や耐久性を考慮しちょっと高めの60センチが標準です。

コチラのお家は、一部分をスキップフロアにして基礎高を利用した床下空間を設けています。

外部からの出入りの他に内部からも出入りでき、気軽に普段使いが出来ます。

外で収納したいモノって意外と多いんですよね〜。

我が家も、子どもの自転車やらスキーやら・・・子どもの成長に合わせて、サイズアップ。

 

しかも家族の人数分となるとかなり場所取るんです。

バーベキューセットやキャンプ道具、スタッドレスタイヤ、スノーダンプ、

雪下ろし用のハシゴまで。

雪国だからこそ色々なモノが必要になってきてしまう。

でも、こんなに大きな収納空間があったら余裕で保管出来ます。

中からも使えるので、扇風機やクーラーボックス、バックヤード的に土付き野菜の

保管にも使えます。(写真左下が中からの出入口)

 

既製物置を置くと外観とアンバランスになってしまうことがありますが、

床下物置なら、外観を乱すこともありません。

 

こんな風にお客様のご要望に応じて様々なご提案をさせて頂きます。

一人で悩まずお気軽にご相談下さい!

 

 

山形支店 小林
 

2018.12.07:[家づくりコラム/収納スタイル (山形支店)]
那須建設株式会社:画像

那須建設株式会社

▼那須建設株式会社 山形支店  〒990-0810 山形県山形市..